Un ami Support アンアミサポート 京都伏見のトリマー独立開業サポート ドッグビジネス経営サポート 独立開業トリマー養成スクール学校

Un ami support アンアミサポートは京都市伏見区にある、お客様に選ばれるトリマーの独立、開業、経営のサポートをしております。お客様に選ばれるプロのトリマーを育成します。ドッグビジネス(動物病院、トリミングサロン、ペットショップ)経営サポートします。

TEL.075-601-0677

〒612-8018 京都府京都市伏見区桃山町丹後33-98  

トリマーの悩み

トリミングサロンの独立開業に向けて、独立開業するなら・・・。

 

 

みなさま、こんにちは。

Un ami アンアミ 吉田です。

今日はトリミングサロンを開業するならどのようなサロンがいいか考えてみたいと思います。

 

以前、Un ami support はトリマーの独立をサポートします。や トリミングサロンの独立開業 でもお話しましたがこれからの犬業界を考えるとトリマーを何人も雇い大きなトリミングサロン(客数が多い)より、小さくて少ないトリマーのサロンでもお客様満足度の高いトリミングサロンを目指すべきだと考えます。

お客様満足度を上げるといってもそんなに難しいことではないと思います。

お客様の立場になって愛犬のことを大切に考えてサービスを提供するだけです。

お客様と愛犬の幸せのために最高のサービスを提供することでみんなを笑顔にできるサロン作り

家族である愛犬の理解者の一人が担当トリマーというようなお客様から信頼されるサロン作り、

Un ami support ではそんなお店を作りたい方を全力でサポートいたします。

 

トリマーの皆様が幸せでありますように・・・。

Un ami

吉田 浩和

 

トリマーの悩み

みなさん、こんにちは。

Un ami アンアミ 吉田 です。

先日、あるトリマーの方とお話をしたのですが今日はその時のことを書きたいと思います。

その方は

先輩がおとなしくしない犬に対して自分の感情で手をだし、そのお客様(飼い主)には笑顔でお返しするのが嫌だ!

というお悩みをおもちでした。

全てのトリマーがそうではないと思いますが、イライラして手を出してしまうトリマーはいると思います。

そして私もそうでしたがそんなトリマー(職場)を「信じられない!」と思われている方も多いのではないでしょうか。

今日はそのことについて考えてみたいと思います。

 

まず、なぜそのトリマーはおとなしくしない犬にイライラして手を出してしまうのか考えてみたいと思います。

手をだすということはイライラしているからですが、イライラするのはきっと犬がおとなしくしないからですよね。

では、犬がなぜおとなしくしないのか考えてみたいと思います。

 

私はトレーナーでもあるのでわかるのですが、犬を見てみないと直接的原因はわからないのですが、おそらくそのトリマーさんはおとなしくしない原因を理解しようとせず、おとなしくさせる方法を知らないと思います。

その犬がおとなしくしない原因は飼い主さんとトリマーさん両方ににあることが多いのですが、そのような犬をおとなしくさせる技術と飼い主さんへのアドバイス方法などを学べる場が少ないのが現状です。

まだまだ、トリマーの学校ではその方法を教えてくれる学校は少ないと思います。

なぜなら、学校の先生自身がその技術を知らないことが多いからです。

そして、ほとんどのトリミングサロンで求められるのは「いかに早く仕上げられるか」が求められているからです。

 

そのイライラして手を出してしまうトリマーはおそらく、早く仕上げたいという思いと、おとなしくしない犬をコントロールできなくて手が出てしまったのではないかと思います。

 

また、イライラする原因にはもう一つあると思います。

早く仕上げたいという思いです。

仕事ですから早く仕上げることは必要ですし、犬のためにも早く仕上げるべきです。

しかし極端な話ですが、もしそのおとなしくしない犬をトリミングして10万円いただき、一日の仕事が終わりだとしたらどうでしょうか?

まったくイライラしなくなることはないと思いますが、もう少し余裕ができてどうしたらおとなしくなるのかを考えることができると思います。

今のトリミング業界を考えると客単価(お客様一人当たりの売上)が低く、生産性の向上(1匹でも多くのトリミングをすること)を考えることは経営していくうえで必要不可欠なことですが、今回の悩みの原因にもつながっていると思います。

 

この方にもお話したのですが、この悩みを解決するためにはトリミング技術だけでなく幅広い知識と柔軟に対応していく力が必要になってくると思います。

まずは、おとなしくさせる技術の習得。

そして余裕をもってトリミングするために生産性の向上に代わるものの提案。

それができると解決していくのではないかと思います。

 

これから、犬が大好きなトリマーとしてあり続けるためにはトリミング技術だけでなく、幅広い知識と応用力が必要になってくると思います。

 

色々と大変な業界ではあると思いますが犬が大好きなトリマーが幸せでありますよう心から願っております。

もし、何か悩みをお持ちのトリマーさんがおられましたら、一人で悩まずなんでもご相談くださいね。

皆様がトリマーとして幸せでありますように・・・。

 

Un ami

吉田 浩和